カウパー氏腺液

カウパー氏腺液

セクシャルな扇情が高まってくると、尿道球腺から澄み切ったな粘膜分泌が尿道に微量分泌され、外尿道口から滲み出してきます。この粘膜分泌は見い出した人の名をとってカウパー氏腺液とも呼ばれます。一般に「先走り」と呼ばれている状態のものがこれに相当します。尿道はおしっこの作用によって酸性に傾いていますが、精子は酸性に死滅させられてしまうため、そのままでは射精されるまでに完全に弱り切ってしまいます。

カウパー氏腺液は弱アルカリ性で、酸性に傾いた尿道を中庸にコントロールするとともに、ちょうどいい程度にに潤して精子が通過しやすいシチュエーションを作るはたらきをします。また射精が接近してくると垂れ下がっていた陰嚢が小さく引き締まり、睾丸が少しずつせり上がってきます。

田淵正浩の早漏改善の効果は?

射精の直前には睾丸は男性自身の根元に張り付くように引き寄せられます。これは精巣上体から精子を一気に送り出すために必要な作動事項と考えられます。



関連記事

  1. 恐怖症を改善するための認知ワーク
  2. カウパー氏腺液
  3. 脂分と糖質が少量の食べ物
  4. 冬の間に貯め込んだ脂肪を燃焼させたい